誰にもお兄ちゃんを取られたく無い・・ [エロ体験まとめ] - えっち体験談ブログ~官能的なエロ体験まとめ~

誰にもお兄ちゃんを取られたく無い・・ [エロ体験まとめ]

高校2年の妹はAKB48に憧れて、学校から帰ると制服からAKBスタイルに着替えます。
大抵3~4人が一緒に来て着替えた後、ラジカセを鳴らしダンスの振り付けを練習していました。

今は春休みなので朝から晩まで飽きずに踊っていました。
そのダンス仲間が俺と付き合いたいと妹から言われ、可愛い娘だったのでOKしました。
OKの返事をした途端、その女の子が俺の部屋に入ってきました。

積極的な娘でピッタリくっついて色んな話しをしてると、妹が来て機嫌悪そうな顔で「綾香ダンスしないなら帰ってよ」と強い口調で言った。

「何よ!帰るわよ!」と不味い雰囲気になったが、女の子は俺に「じゃお兄さん後で電話するね」と言って部屋を出て行った。

妹も何やら興奮して、

「なによ!お兄ちゃんなんか大嫌い!」

(えっ俺が何をした?)って感じでした。
その日から家には友達を連れて来なくなりました。
妹も外に出掛ける事も無く静かな日々でした。

ある日、リビングでテレビを観てると携帯が鳴り、出ると綾香でした。

すると妹が「誰から?」と聞くので、「綾香ちゃん」と言うと・・・。

「切って!」

「えっなんで?」
「いいから早く切って」

急に怒り出した妹に、

「綾香ちゃんて友達だろ?」
「あんな娘、友達じゃ無い!」

何やら興奮して叫んだ。

「どうしたんや?あんなに仲が良かったのに」
「嫌いや・・・」

「そう言えば最近ダンスの練習に来ないなぁ、なんかあったんか?」
「・・・別に」

急に大人しくなった妹が・・・。

「お兄ちゃん私の事どお思う?」

「どう思うって?」
「・・・」

妹の様子が変で、

「俺は早紀が好きだよ。大事な妹やし」
「私・・・」

「今日のお前変だぞなんかあったんか?」
「・・・」

(おかしなやつ!)と言った瞬間、妹が俺に抱きついて・・・。

「お兄ちゃん抱いて」

突然の出来事に・・・。

「どうしたんや早紀!」

「私、誰にもお兄ちゃんを取られたく無い」
「取られたく無いって綾香ちゃんにか?」

「あの娘もそうやけど、誰にも」
「お前変だぞ」

「抱いてくれるまで離さない」
「抱くって・・俺とお前は兄妹だぞ、そんな事できるか」

「兄妹で愛し合っちゃいけないの?私、お兄ちゃんを愛してる」

俺も可愛い妹とセックスをしたいと思った事が何度もあったが、まさか妹から言われるとは・・・。

「早紀が後悔しないのならいいけど」
「私、後悔なんてしないし、私から望んだ事だもん」

「早紀!」と言って唇を重ねました。

同時にセーターの上から胸を触りました。
ピクンと身体が反応したのが分かりましたが揉みました。

胸の次にミニスカートの中に手を入れると俺の手を押さえ、

「お兄ちゃんここじゃ嫌」
「誰も帰って来ないよ」

「でも・・・」
「じゃ俺の部屋に行くか?」

コクンと頷き、俺の部屋に向かった。
カーテンを閉め、ベッドに腰掛けてる妹の横に座り・・・。

「本当に後悔しないんだな」

またコクンと頷いたので、妹のセーターを脱がせ真っ白なブラジャーも外した。
乳房を腕で隠した妹のミニスカートも下げ降ろし寝かせた。
やはり真っ白なパンツだが、そのままにして乳房を揉みました。
小ぶりの乳房だが綺麗だ乳首も小さくピンク色。
唇を噛みしめ、耐えてるようだ。
乳首を舐めながらパンツの中に手を入れる。
陰毛を撫でてワレメに沿って指先を進める。
乳首を離し、俺が下がりパンツを脱がせる。

あまり濃くない陰毛を分けてクリトリスの皮を捲る。
ツンと酸っぱい匂いがする。
クリトリスの皮を捲った後、白い恥垢が少しあり舌で舐め取った。
中指を唾で濡らしヴァギナの中にゆっくり入れた。
2~3度繰り返してチンポと入れ替え、ゆっくりカリ首を入れた。

「ヒィー」と叫んで震えてる妹。

「早紀、少し痛いけど我慢だぞ」と言って顔を見ると頷いた。

ゆっくりゆっくり奥に進める。

「痛い、痛い!」

数分かけて全てを入れた。

「早紀、全部入ったぞ」
「お兄ちゃん痛いよ」

「最初は誰でも痛いんだよ。我慢してると痛みも無くなるから、後少し我慢して」
「わかったけど痛いわ~」

「じゃ動かすぞ」

ゆっくり出し入れを始めた。

妹は痛い痛いの連呼だ。
射精が近くなりチンポを抜くと、赤い血糊がカリ首に付いていたが、妹の腹に射精した。
射精の瞬間を見ていた妹は・・・。

「外に出してくれたんだ。でも凄いね、初めて見た」
「早紀の処女貰ったけどシーツ洗わなきゃ」

「出血した?」
「ああ」

「でも痛かった」
「そのうち痛くなくなるわ」

「何回したら痛くならないのかな?」
「人それぞれ違うけどだいたい4~5回すれば痛みも消えるかな?」

「ふ~ん4~5回か?」
「多分な」

「でもまだ何か入ってる感じがする」
「今日はゴムが無かったから外に出したけど、ゴムの用意しとかなな」

・・・と言いながら、後始末をして、妹の横に寝て腕枕で抱いて少し眠りました。

関連記事

コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © えっち体験談ブログ~官能的なエロ体験まとめ~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます