地元の祭りが嫌いでツーリングに行ったら彼女が寝取られた[エロ体験まとめ] - えっち体験談ブログ~官能的なエロ体験まとめ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

地元の祭りが嫌いでツーリングに行ったら彼女が寝取られた[エロ体験まとめ]

事の発端は去年の盆休みだ、オレは地元の祭りが大嫌いでさ

普通2輪の免許を取ってからは、お盆の時期がくると

この祭から逃げるように県外へツーリングに行ってたんだ。

その夏は九州の方へ行ってたんだよ。

2年くらい付き合ってる彼女の由衣は祭りの3日間、朝から晩まで

お祭りで踊ってるから、この時期は別行動だったんだ。
祭りの最終日、オレも九州から帰る途中で休憩してる時に

由衣はもう家に帰ってるかな?と電話したんだよ。

22時くらいだったかな?しばらく待ったけど出なくて、

23時くらいに次のPAでトイレ休憩して、また電話したらようやく出た。

男の声で「あ、もしもし?たっくんってーの?もしかして彼氏?w」みたいな。

オレ「??????え?」あれ?間違えた?とか思ってんのw

「由衣ちゃんねぇ、今、風呂入ってるよ」まーだ、おれは???だったな。

「ツーリング九州だっけ?どうだった?こっちは盛り上がったよォ〜一緒に踊ってあげればいいのに、由衣ちゃんも喜ぶよ」

間抜けにもオレは「はぁ…」とかって返事してた。
これって一体なに!?とか風呂って?とか考えてるうちに電話は切れてた。

そのまましばらくPAでボケェ〜としてたら携帯が鳴った、着信は由衣から。

なんかビクッとなって恐々出たら「やぁん、あんっ!」由衣の色っぽい声。

頭では解らなかったけど心では解ってたんだろうね、あぁサレたんだなぁ〜と。

腹立てたり怒ったりとかしなかったよ、ただ悲しかったな。

オレんち父子家庭でさ母親は15年くらい前に不倫して出てったんだ。

親父はこのお祭りに参加しない人で、元母親が由衣と同じく

この祭りで踊るのが大好きな人で、お盆の時期は夫婦別行動だったんだ。

オレが7か8歳の頃にお祭りの踊りで知り合った男とできて帰ってこなくなった。

由衣の喘ぎ声聴いた瞬間に心が凍りついた、またかよ!?って。

由衣の携帯勝手に使って由衣に見えないよう隠してたんだろな

布団だかなんだかガサガサ、シュワシュワとノイズも大きかったけど

「由衣ちゃんほったらかしにして悪い彼氏だねぇ」と男の声や、べちんべちんと

肉打つ音がはっきり聞こえたよ、もちろん由衣のあの声も。

今でも忘れられないのがこの男、なんでだかチ○ポじゃなくてチ○ボって言うんだよ。

「彼氏のチ○ボと俺のチ○ボとどっちがいい?」「彼氏とも後ろからやってんだ」

「別れちゃえよ、俺と付き合おうダメ?じゃあ突きまくっちゃおうw」

なんかリアルに憶えてんなぁオレw

あ、でももうそんなに凹まなくなってんな、一時期酷く凹んでたもんw

音がパンパンしだして由衣の声が激しくなっていった。

「おらっイケ、イケっ!」もう聴いてられなくなって電源切ったんだ。

1時間くらいだろかしばらくボーッとしてたけど「気をつけて帰んなくっちゃな」

とかって独り言言って60〜70km/hくらいで高速の端っこゆっくり

走って帰ったよ。

次の日は一日寝てた、携帯も電源切りっぱなし。

夜になって電源入れたらメールが何件か由衣から着てて、

どうも昼くらいに来たみたい。

電話くれてたの気づかなかった、とか私からかけてた?とか。

着信・発信履歴みたんだなと、焦ったのかなぁw

おかえり、とか九州どうだった?とかそーいうのが全く無かった。

心と身体がズ〜ンと重くて、おみやげ明日昼休みに持って行くから、とだけ

返信して電源切ってまた寝た。

由衣の会社までバイクで行ったら外で待ってた。

オレはヘルメットも取らずにおみやげだけ渡したら

「ほんじゃあね」とだけ言って帰った。

携帯は昨日から電源切りっぱなし、会社に戻らずドコモショップ行って携帯を解約。

仕事の帰りに新しいのを買って帰りました。

それから2週間くらいは友達の部屋に泊めさせてもらったり、姉貴の家に泊まったり

休みの日は朝早くからプチツーリング行ったりして、なるべく部屋に居ないようにして

由衣から逃げてた。

日曜の夜遅くに部屋帰ったらドアのとこに「お願いだから連絡してください」て

由衣のメモが挟んであったりしてたんだ。

一ヶ月もしたらそんなことも無くなった。

親父もそうだった、元母親に怒ったりとかしてなかったように思う。

親子で屁たれだなw

で、なにがチョイ欝かってーと、今日だ。

山奥の小さいスキー場でバッタリ再会しちゃいましたよ由衣ちゃんと。

なんでまたこんな楽く過ごしてる時に遭っちゃうのか、トホホ〜でしたよw

久しぶりとか挨拶程度、ほんのちょっとだけ話をしたけど周りのツレとかが

勝手に盛り上がってんのが鬱だな〜とw

一緒にスキー場行ってた友達がよりを戻させようとメチャやる気出してるorz

俺は普通に由衣に話し掛けれたけど、あっちはずっと下向いてた

ちょっとやせたかな?ま、ウェア着てたから判らんけど

電話の男とあれから一ヶ月くらいは付き合ってたんだってさ

なんか酷い奴でデートはパチ屋、お金もいくらか貸してたみたい

夜中に飲み屋へ呼び出されてタクシー代わりにされたり

DVっぽいコトもあったみたい、挙句に二股してたんだって

つーか由衣が浮気の相手だったらしいわ

と一緒にスノボしてた女の子に連絡取って訊いてきたよ、と俺のツレが

ご丁寧に教えてくれましたよ

あいつ俺の事よりその子と仲良くなりたいだけなんじゃなかろうか?

なんかなぁ〜ま、いいや

あんまり盛り上がらない話でスマソ

もっとこう股間がカーッと熱くなるようなサレ男いないかい?

※後日談

あれから何度もツレに無理やり会わされたりしてね

なんやかやで復縁つーの?また付き合ってるよ

でも、なんだろ?セックル無しだよw

これって只の友達だよなw

どーもそう言う雰囲気にお互いが持って行かない感じなんだよね

どーなんだろ?もしそう言う雰囲気になったらティムポ立つんだろかオレ

友人達がグルになって追い込まれましたw

またスノボ行こうぜ、って男3人になんで車2台?とか思ってたらPEで女の子

グループ登場!みたいなw

しかも「わぁ偶然っすねェ!」だって、もう唖然としたよ

よくもまぁそんな猿芝居ができるなキミ等てw

由衣とオレだけが知らされてなくって、回りの連中が勝手に盛り上がってるような

感じだったんだけど

なんか気ィ使わせてオレ等2人が黙り込んでるってのもアレだよなぁと思って、

2人でリフト乗せられた時にオレから「勝手に(縁を)切ってゴメンな、でもあの

電話はひでーよ、すげーショックだったんだから」て笑いながら言ったんだよ

ず〜っと由衣もなんか溜め込んでたのかねぇ、それ聞いてオウオウ号泣し始めちゃって

なんとかリフト降りて、皆には先に滑ってもらって上でちゃんと話しした

あの日は最終日で凄く盛り上がって、打ち上げの飲み会でも気分良くて、お酒ガンガン

飲んでべろんべろんに酔っ払ったんだって

連(踊りの団体をこう呼びます)の先輩の車で他の人と一緒に送ってもらったら途中で

眠ってしまったらしくて気が付いたらラブホだった

先輩が言うには「オレお前の家知らない、お前寝ちゃってるし、オレも飲酒運転ヤバイ

からココ入った」で後は、まぁいいじゃんかヨ…で無理やり犯られたと

でシャワー浴びながら泣いてたらオレが電話したらしくて、先輩が携帯に出た

そんでコイツが由衣の態度に(かなり怒ったらしい)ムッときて

「だったら彼氏に謝ろうか?」と開き直り、オレに知られたく無い由衣の弱みに

つけ込んで2度目を要求、強く断れなくてまた犯られたらしいです

先輩は泊まろうとしたけど由衣はどうしても帰るとゴネて、車を出させてコンビニ

に寄ってもらい、そこから家に電話してお父さんに迎えにきてもらったそうです

携帯に着信履歴があるのに気が付いたときには、先輩は帰ったあとだった

で、見たらオレからの着信

え!?と思って調べたらアノ最中にオレへ電話してる履歴を発見

ガチョーンとなってたらお父さんが来てくれて、ようやく家に帰れた

でも恐くて寝れなかったんだって

もうなんだか由衣はボロボロになってたみたい

携帯で何をしたのか問い詰めようと、先輩に連絡とって何をどう騙されたんだか

また犯られちゃって、もう先輩の言いなりになっちゃってたらしいです

先輩の彼女に由衣が喫茶店に呼び出されて、アイスコーヒー頭からぶっかけられた

こともあったそうです

そんなこともあって心身共にボロボロになって、この頃に仕事を辞めたそうです

通勤途中に由衣の車の横をオレがバイクで追い越していくのが辛かったそうな

オレも由衣の車には気が付いてました、信号待ちで横に並んだこともあったりした

 家でぼーっとしてたらお兄さんが急に

「由衣もう心配いらんからな、落ち着いたらまた仕事でもしたらええわ」と言うて、

それから全く先輩から連絡なくなったそうです

お兄さんは訊いても、なんにも話してくれないそうです

Xマスも、お正月も、家族や友達と過ごしてオレのことをなるべく思い出さないよう

してたのにスキー場でバッタリw

凄く落ち込んだけどオレが話し掛けてくれたのは凄く嬉しかったらしいです

そんなこんなでバレンタインにチョコとバイク用のグローブもらって、友達で

いいからメルしたり話したり一緒に遊んだりしてください、と告られました

で、まぁイイか、と

映画観に行ったり、飯食いに行ったりしますよ

よく行くのが河沿いの公園

話するでもなく、2人でベンチ座ってまったり〜としてる

辺りが暗くなってきたら、周りはカプールばっかしになるんでなんとなく居づらくて

そろそろ帰ろっか?と手をつないで帰る、みたいな

お兄さん大学生の頃は柔道部の副主将だったらしいです

今は公務員です

お兄さんも同じ連で踊ってたらしいから、なんか伝わったのではないかと

ま、この先どうなるか?なんて分からないしね

2人で居ると由衣は嬉しそうにしてるから、まぁイイか…みたいな感じかな

あ、今年は踊らないそうです

もうあちこちで始まってる踊りの練習を見ながら、なんか上の空みたいな感じで

言ってました

オレはどうだろ?またツーリング行くのかな…まだ決めてないや

支援ありがと

ボチボチやってくよ




関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © えっち体験談ブログ~官能的なエロ体験まとめ~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。